蒸す

家には蒸し器がない。友人に聞いたところ鍋の中に
台の役割の器を入れ、その上に食材を乗せれば
(下に水を張る)いいんだとか。なるほど。

そしてやってみたら確かににうまく行った。昨日は
サツマイモ、今日はゴボウとジャガイモを蒸して食べた。
蒸すのは茹でるよりも凝縮する様な気がする。
うまいっす。

それと家に一番近い図書館が1か月近くも工事をしていたけど、
昨日から再開した。さっそく料理本を何冊か借りた。

しかし自分がこんなに料理を作ることが好きになるとは、思わなかった。
不思議〜。
[PR]
# by y15424 | 2006-10-02 22:51

9月終了

今日は秋晴れの土曜日ということもあって、銀座に
行きました。銀座松屋はイタリア展をやっていて、
いろんな特設コーナーが作られていました。アイス
ラテを飲みましたが515円でした。イタリア展
だったら値段もイタリア現地と同じにして欲しいです。

少しイタリアを思い出しました。


今月は仕事で戦国時代とか幕末に
関してのイラストを書きましたが、その時代にまつわる
本も読みました。その中でも面白かったのが木村屋の
あんぱんの歴史でした。明治天皇や徳川慶喜が好きだった
木村屋のあんぱん。清水次郎長も食べてます。
文明開化のロマンがあります。

なので今日は銀座本店に行きましたが、活気があって
良い感じです。銀座本店はビルの上で焼いているので
できたてが買えますよ。しかも飛ぶように売れてます。

ということで明日から10月。10月は絵をたくさん
描こう!




木村屋のあんぱんです。


d0073042_22513795.jpg
[PR]
# by y15424 | 2006-09-30 22:57

「しらす」と「あみ」

昨日の夜は外で滅茶苦茶にうまいピザや肉類を派手に食べた。
なので今日は肉は食べないようにしようと決めました。

昼はネギ、生シイタケ、大根のみそ汁。そして胚芽米に
しらすと梅干しを混ぜて海苔を巻いておにぎりにしました。
これがうまかった。梅干しだけよりも、しらすが入ると
断然うまくなります。これからも作ろう。

夜はパスタ。まずニンニク、トマト、小松菜を炒めた。そして
もう1つ欲しいと思って足したのが、桜えびの小さなもの
「あみ」というものです。これが香ばしくて、大正解。
これで肉なしで行けます。

「しらす」と「あみ」は重宝しますな。



あ、そうそう。昨日書いたMEMOの、コンペに入賞した
雑誌は「ソトコト」です。この雑誌はエコ、健康、食事
デザイン、音楽等を扱ったロハス系の雑誌です。
[PR]
# by y15424 | 2006-09-29 23:05

諸々。

今日はボンゴレスパゲティーを作りました。白ワインが
無かったので、日本酒を使いました。あとはタマネギ、
ニンニク。生シイタケ、ブロッコリーです。美味しかったです。

夏に出した雑誌主催のイラストレーションコンペに、
入賞しました。昼に電話があったのです。イラストの
コンペはボローニャを除けば10数年振りです。その時は
個展に出したものが入ったので、国内のコンペに向けて
描き下ろしたのは20代以来です。3等でしたが、
数万円の賞金が貰えます。多分受賞者の中では最年長で
しょう。しかし最近は気分的に、20代後半の頃と似ています。
体力は違うけど(笑)


今日出た「イラストレーション誌」に以前メールをくれた、
イランのイラストレーター「モルテザー」が載っていました。
(カラーで4ページ)日本でも着々とメジャーになって
来ていますね。 少し前ですが、また海外からメールが来ました。
海外からのメールは意識の範囲が広くなります。基本的に
デスクワークなんで、気持ちも狭くなりがちです。


図書館で「カルロス・リラ」という人のボサノバを
借りてきました。やはりポルトガル語の響きがいいですね。
[PR]
# by y15424 | 2006-09-28 00:02

「トラヴェシア」その3

さて「トラヴェシア」ですが、やっとオリジナルである
ミルトン・ナシメントの唄を聴きました。聞いた
とたん異空間にトリップ。 正にブラジルの音でした。
ミルトンの声が素晴らしくソフトで高く美しいです。
ただ途中で入るパーカッションの音が少し大きいので
個人的には、もう少し抑えほしかった。

タワーレコードにコーナーがあったので助かりました。

あとサラ・ウ゛ォ—ンや小野リサ、トゥーツ・シールマン,
最近ではChieという日本人が「トラヴェシア」の素晴らしい
カバーを出しているらしいので、追々聞いて行きたいと思っています。




d0073042_18324925.jpg
[PR]
# by y15424 | 2006-09-26 18:41

イラストレーター河本徹朗のお仕事&作品のブログです。


by イラストレーター河本徹朗
プロフィールを見る
画像一覧